CTやMRIを受ける時に注意したいこと

人間ドックでは、事前に病気などを知ることで早期発見早期治療を可能にします。
体の検査と言っても実際に開腹や開頭などは行わず、体外から機械を利用して映像情報を取り込み、体内の様子を撮影します。
検査を受けたとしてもほとんど痛みやかゆみなどはありません。
少し時間がかかる可能性はあります。
その時にCTとMRIが使われるかもしれません。
一般的なX線やレントゲンといえば骨の様子や、肺などの影が映る程度です。
CTやMRIだと内臓の様子などがはっきりわかります。
細かく言えば強みがあるのでどちらを使うかの選択が必要ですが、人によっては別の方法を取らないといけないときがあります。
CTやMRIを受ける時には、事前に今の体の状態を伝える必要があります。
妊婦であれば、妊娠をしている旨を伝えます。
妊娠をしている状態でCTは良くないとされています。
体内に何かを埋め込んでいるならMRIができない可能性があります。
これらも事前に伝えないと医師はわかりません。