CT検査による被ばくでの発がん性

原子力発電施設で勤務する人は、常に放射能被ばくに気をつけながら仕事をする必要があります。
原子力発電所に何らかの問題が起きると、その周辺地域に大きな影響を与えることもあります。
目には見えないだけに、怖いですが、一定の装置などで放射線などを測定することはできます。
医療機関においては、X線であったりCTスキャン装置などで放射線が使われています。
これらを利用すると、一定の被ばくがあります。
医療機関でもあまり受けるのは良くないと聞くかもしれません。
では検査を受けるとどれくらい発がん性が生じるかです。
あまり受けると問題が起きるのかです。
200ミリシーベルトと呼ばれる単位で被ばくをすると、発がん率が上がるとされています。
それ以下であれば影響は少ないとされます。
CTスキャンでは10ミリシーベルト程度なので、検査を受けたから直ちに発がん性が上るとは言えません。
しかし被ばく自体が発がん性を伴うといわれるので、受けすぎるのは良くないとされます。

女性ドクター在籍の大和市の歯医者

三軒茶屋のオーダーメイド治療の歯医者さん

論理的根拠に基づいた最適な歯科治療法のご提案

最新投稿