がん検診がもっと簡単になる日が来るとされる

病気の中で怖いものとしてがんがあります。
病気による死亡率で長らく首位を独走している病気です。
一方で治る治療とも言われています。
がんは進行すると治すのが難しくなりますが、早期に発見、治療すると完治も可能といわれます。
しかし検査が大変で、隅々まで調べようとすると時間もお金もかかります。
もっと簡単に行えるようになれば、健康診断の一項目としてがん検診ができるようになるかもしれません。
既にがんに対する研究において、血液中の変化でがんになっているかどうかが分かるようになっているとされています。
血液検査でできるなら、誰でもいつでも行うことができそうです。
まずは実用化され、さらに検査が多くの人に行われる必要があります。
当初は値段などが高いためになかなか誰でも受けられる検査にはならないかもしれません。
安く受けられるようになれば、1年に1度は必ずだれもが受けられるようになるでしょう。
早期発見が進み、がんによる死亡率も下がるかもしれません。